Dive to World

便利さと快適さと豊かさについて考えるブログ

【YouTube】高校の部活動で「ユーチュー部」っていうのがあったら面白いと思う

f:id:kamazukakyou2:20170703225232p:plain

どうもこんにちは!きょーちゅんです。

 

今や中高生の間で大ブームを巻き起こしている「YouTube」。

 

テレビよりも面白いコンテンツが豊富で、いつでも好きな時間に好きなチャンネルを観ることが出来るという点で、中高生に非常に人気のサービスであると言えます。

 

YouTubeというのは皆さんもご存じのことかと思いますが、

 

ザックリ説明すると動画の閲覧・投稿ができる無料のサービスです。

 

そして、YouTubeを活用して収益を得て生計を立てている人たちのことをYouTuber(ユーチューバー)と呼び、小中学生を対象としたなりたい職業アンケートの結果によると、YouTuberはスポーツ選手や医者などに次ぎ、かなり上位に食い込む結果となっています。

 

そんな大人気であるYouTuberという職業、

 

必要な資格やスキルは特になく、誰だってなることが出来ます。

 

小学生、中学生、高校生でもその気になればなれるんですよね。

 

実際にすでに稼いでいる小学生YouTuberもいるぐらいですし、誰にだって可能性はあるということです。

 

ただ、YouTubeって必ずしもお金を稼ぐことだけが目的とは限らないし、収益化を目指していないYouTuberも大勢います(YouTuberの定義は曖昧なので、ここからはYouTubeに動画を投稿している全ての人をYouTuberとします)。

 

そして、(ここからが本題)

 

私、仕事がら中高生と接する機会が多いんですけど、中高生と接しているうちに思ったんです。

 

学生唯一の若くて力強いネルギーを「学校」という狭い世界に留めて消滅させてしまうのはすごく勿体ないなーーーーと。

 

中高生のパワーってガチで過ごくて、「無限の可能性がある」って本気で思ってしまうほどに活力に満ち満ちているんです。

 

今は本当に良い時代になったもので、個人の行動や思いが一瞬で世界中の人々とシェアすることが可能になっています。

 

これ、使わない手はないっしょ!!!

 

なんでも出来る世の中なんだから、その溢れんばかりの思いをカタチのある何かに変えて、ついでに世界も変えてしまえ!

 

TwitterFaceBookでも良いんですけど、タイムラインという機能の特性上どうしても情報が流れやすいんですよね。

 

やっぱりSNSよりも、私なら財産価値を構築し続けることが出来るYouTubeを選ぶと思います。

 

そこでさらに思ったんですけど、

 

中学・高校で「ユーチュー部」っていう部活があったら面白いんじゃね?

 

さっきググってみたんですけど、まだ本格的にそのような活動をしている中高生はいないようですね

 

浅いリサーチしかしていないので中には部活としてそのような活動をしている団体もいると思いますけど笑

 

今始めるなら、もしかしたら先駆者的な存在になれるかもしれませんよ!

 

ユーチュー部も良いけど、普通に運動系の部活や文化系の部活で普段の活動風景や試合、コンクールなどの成果報告の場としてYouTubeを本格的に活用するのも面白いかもしれません

 

これはすでに実行している団体もあるようですね。

 

今年度入学した新1年生、どの部活にも所属していない2.3年生。

 

「ユーチュー部」を設立してみてはいかが?

 

学校にもよりますが、3.4人の設立メンバーと具体的な活動内容・目的を用意すれば快く設立を認めてくれると思います。

 

悔いのない学生生活を過ごしてください。

 

って中高生がこのブログ読んでるわけないか^^笑

 

では!