Dive to World

便利さと快適さと豊かさについて考えるブログ

テスト勉強についていろいろ考えてみた

<p>今週のお題「テスト」</p>

f:id:kamazukakyou2:20170705163309j:plain

 

どうもこんにちは!きょーちゅんです。

 

今回は「テスト勉強」について、私なりにじっくり考えてみたいと思います。

 

 

テスト勉強って中・高・大学生の人が特に身近に感じるものだと思うんですけど、人によってやり方が全然違うのが非常に興味深いですよね。

 

そして、教科書をパラパラめくっただけで良い結果を出す人もいれば、授業の復習やノートの転写、問題集などでトレーニングなどのいかなる手を尽くしてもなかなか良い結果に結びつかない人もいます。

 

この差って一体何なんでしょうね。

 

一言で「センスや才能」と言ってしまえばそれで終わってしまうので、別のアプローチで考えてみました。

 

結論から言うと、その差とは

 

勉強体力の差

 

なのではないかと思っています。

 

 

勉強じゃなくても何にでも同じことが言えると思うんですけど、

 

やっぱり基礎練習って何よりも大事なことじゃないですか。

 

たとえばサッカーの試合で活躍したいと思うならば、まずは持久力を高めるために毎日走り込みをして、ボールを上手に扱えるようにパスやドリブルの練習をひたすら繰り返すと思います。

 

 

これらがいわゆる基礎練習だと思います。

 

これって勉強でも同じことが言えると思いませんか?

 

勉強においても、まず最初にやるべきことは計算力、公式、漢字、文法、英単語、構文、などなど、まずはこれらの基礎的なものから攻めていくと思います。

 

それらが完璧に扱えるようになって初めてテスト対策に取り組むことが出来るのです。

 

一見遠回りに感じるかもしれませんが、テストで良い結果を出したいのであれば、まずはこれらの基礎力を身に付けることがなんだかんだ一番近道なのです。

 

ていうか、仮に一夜漬けでテスト対策をしてそれが点数に結び着いたとしても、実はそれは頭に定着しているわけではありません。

 

半年後に同じテストをしたら、また一から勉強し直さないといけません。

 

これは非常に効率が悪い。

 

基礎力が身についていれば、いつどんなテストがあってもその対策だけしていれば良いわけですから。

 

これが教科書をパラパラ読むだけで良い点が取れる人とそうでない人との差なのです。

 

 

さて、ここからようやく「勉強体力」の話になります。

 

「毎日コツコツ勉強をして積み重ねることが大事」

 

と大人は良く言いますが、

 

子どもはこれをなかなか理解してくれません。

 

あまりにも曖昧な表現だし、そもそも毎日コツコツなんてとてもじゃないけどつまらなくて続けることが出来ないからです。

 

そして、勉強ができない子どもの共通点は、

 

そもそも1時間テストに回答する集中力がない

 

場合がほとんどです。

 

これが勉強体力です。

 

勉強ができない子どもはできる子どもと比べて、圧倒的に勉強体力がありません。

 

そして、勉強体力をつけるには毎日コツコツ勉強をする習慣を身に付ける以外方法はありません。

 

では大人は子どもに毎日コツコツ勉強させるためには、どのような指導をするべきなのでしょうか。

 

私の考えでは、

 

「毎日コツコツ」というのは

 

「小さな成功体験の積み重ね」

 

だと思っています。

 

人間の脳って、ちょっとした成功体験に快感を覚えるようにできているんです。

 

ドラクエでもそうですよね。

 

今のままではギガンテスには到底勝てないから雑魚モンスターを繰り返し倒してレベルを上げる→やっとの思いでギガンテスを倒すことが出来た(成功体験)→快感→さらに強いモンスターを倒すために努力する→繰り返し

 

だから子どもはゲームにハマるんです。

 

これを勉強にも応用しましょう。

 

まずは計算力、公式、漢字、文法、英単語、構文などの基礎から初めて、ちょっと頑張れば越えられそうな壁を用意してあげる。

 

実際そう簡単にはいかないんですが、ザックリ言うとこういうことです。

 

壁を自分の力で乗り越えたとき、子どもは快感を覚えてもっと勉強するようになります。

 

それを1年も続ければ相当な勉強体力が身に付くと思います。

 

余程のことが無い限り勉強が苦痛に感じることはなくなるでしょう。

 

これが「毎日コツコツ勉強」の真意であり、具体的な実践法です。

 

もし、年ごろのお子さんがいるお父さんお母さんが当ブログを読んでくださっているなら、良かったら参考にしてみて下さい。

 

以上、独身子無しの男が勝手に考えた(テストの)勉強法でした。

 

では^^