Dive to World

便利さと快適さと豊かさについて考えるブログ

都会に住むのと田舎に住むのとどっちが「良い」のか考えてみた

f:id:kamazukakyou2:20170719155605j:plain

 

どうもこんにちは!きょーちゅんです。

 

今回は人が生活する「場所」に焦点を当てたお話になります。

 

これはあくまでも主観であり、一個人の意見であると同時に他者への批判や冒涜を意図したものではありませんのでご了承を。

 

人は都会に住むのか田舎に住むのか、どっちが良いんでしょうか。

 

「人それぞれ」って言ってしまえばこの議論は終了してしまうのですが、あえて深く考えてみたいと思います。

 

まずは都会と田舎の定義と「良い」の定義を決めなければいけませんね。

 

【都会を定義する】

f:id:kamazukakyou2:20170719154340j:plain

 

一般的に「都会」は人口が密集していて商業施設やオフィスビルが建ち並ぶ活気のある場所と定義づけることができると思います。

 

47都道府県の県庁所在地付近や活動が盛んな港町、さらに言えば東京、大阪、名古屋、横浜、札幌、仙台、京都、神戸、広島、福岡などがいわゆる都会という印象を受ける方も多いと思います。

 

東京都の都心に住んでいる人にとってはその他の都市は都会だと思わない人もいるかとは思いますが、世間一般に都会を定義するならばこれらの都市が挙げられるのは妥当のことだと思います。

 

ちなみに私の中で「都会」は

 

自家用車が不要なぐらいに公共交通機関が発達している都市

 

と定義しています。私はこれが一番しっくりきます。

 

ただ、今回はあえて都会と田舎の違いを極端に比較したいので、

 

今回における都会は「東京」と定義づけします。

 

【田舎を定義する】

f:id:kamazukakyou2:20170719161059j:plain

 

日本には都会と田舎の2つしか存在しないとすれば、都会以外は全て「田舎」と定義づけすることができるのですが、当然ながらそういうわけにはいきません。

 

なぜなら日本には地方各地に「小都市」というものが非常に発達しており、都会と田舎の中間的な街が非常に多いからです。

 

地方に住んでいる人なら大きな国道沿いに色んな商業施設が建ち並ぶ光景を見たことがある人も多いかと思います。

 

f:id:kamazukakyou2:20170719162450j:plain

【引用】ぶる速‐VIP(http://burusoku-vip.com/article/450551628.html)

 

これがいわゆる地方の小都市です。

 

これも今回は除外します。ただし車でこのような場所へ簡単に行ける町や村は比較の対象とします。

 

田舎の定義って非常に難しいと思うんですけど、今回は一つの例として私の故郷「岐阜県」にある「白川村」を田舎代表として定義づけしたいと思います。

 

f:id:kamazukakyou2:20170719163404j:plain

 

これが白川村です。合掌造りの建築様式が非常に有名で世界文化遺産にも認定されているエリート田舎です。

 

マジで何もないです。コンビニもスーパーもありません。

 

イメージが沸き辛い人は吉幾三の「俺ら東京さいぐだ」を聴いていただければガチの田舎を想像するのは容易のことと思います笑

 

www.youtube.com

 

【「良い」を定義する】

f:id:kamazukakyou2:20170719163828j:plain

 

さて、都会と田舎を定義づけすることができましたが、次に「良い」を定義づけしなければいけません。

 

今回の「良い」は当ブログのメインテーマでもある

 

・便利さ

・快適さ

・豊かさ

 

を基準にして考えていきたいと思います。

 

ここまで書いてきて思ったんですけど、なんか収集がつかない気がしてきた笑

 

だが気にせずいこう。

 

 

【都会の良いところ・悪いところ】

 まず都会の良いところとして真っ先に挙げられるのは

 

圧倒的な便利さ

 

があると思います。

 

コンビニをはじめとした様々な商業施設が徒歩圏内にあるのは当然ながら、電車やバスの運行本数も田舎に比べて桁違いに多く、しかも安い。

 

ちょっと電車に乗れば色んな所へ行けるし、目的に合った場所へ簡単にアクセスすることが可能です。

 

そして技術が田舎に比べて圧倒的に進歩しており、常に便利が便利を塗り替えていく。

 

私は都内に4年間しか住んだことがないのですが、本当にこのような印象を強く受けた記憶があります。

 

そして次に都会の悪いところ。

 

都会は確かに技術の進歩によって目まぐるしいスピードで便利になってきていますが、その恩恵を受けるために人が集まり過ぎる傾向にあると思います。

 

ザックリ言うと、

 

人多すぎ。

 

何をするにも並ぶのが当たり前。カフェに入ってちょっと休憩するだけでも席の確保や注文の順番待ちでかえって疲れが増すような印象を受けます。

 

電車も常に満員で知らない人と肩が触れた状態で立ったまま移動。

 

これはとても快適とは言えないと思います。

 

便利さ100点、快適さ0点とすると、その間に位置する「豊かさ」は中間の50点と評価するのが妥当でしょう。

 

ただ、都会の人の多さは必ずしもマイナスな要素ばかりではないと思います。

 

人が多いということは出会う人の数も多くなるということ。

 

色んな人に出会うことによって自分の視野が広がるというメリットは大きいです。

 

これは私の体験談で、今の私の思考や価値観は東京で出会った人たちによって構成されていると言っても過言ではないくらいです。

 

視野が広がるということは選択肢が広がるということ。人生において非常に大切な要素です。もし過去の私が上京せずに故郷の田舎で過ごすことを選択していたらと思うとゾッとしますね笑

 

つまり刺激がいっぱいあって面白いということです。この環境を生かすか殺すかはその人によると思いますが、活用しない手はないでしょう。少なくとも私はそう思います。その恵まれた環境を殺してしまっている人は非常に勿体ないとさえ思えます。

 

私の場合、19の時に田舎から東京へ単身で飛び込んだのでその環境の変化を非常にありがたいと強く感じていましたが、最初から東京で生まれ育った人はそれが当たり前なので都会ならではのありがたみを感じる機会は少ないと思いますけどね。

 

生まれる場所は選べないのでそれは仕方のないことですが。

 

 

【田舎の良いところ・悪いところ】

田舎の良いところと言えば、

 

とにかく静かなところ。

 

日が暮れる頃には外を歩いている人は一切いません。

 

また、家と家との間隔が離れているので騒音による気遣いも一切不要です。

 

外には街灯もなく、頼りになるのは月の光だけ。

 

月明かりで地面に自分の影が浮かぶの見たことあります?

 

とても静寂で周りの環境に囚われない。

 

夜にビール片手に家を飛び出して誰もいない真っ暗な夜道を歩いて適当な広場で寝転がって星を見る。

 

こんなことは都会ではまずできません。

 

これが田舎ならではの良さです。

 

田舎出身として、もっと田舎の良さを紹介したいところではありますが、今回は省略します。いつか別の記事でたくさん書きますね。

 

 

さて、次は田舎の悪いところ。

 

それは

 

圧倒的な不便さです笑

 

電車は1日数本。中には1日に3本という地域さえあります。

 

そしてコンビニやスーパーなどの商業施設が一切ないこと。

 

ちょっと飲み物を買いに行くにも必ず車が必要になります。

 

車で片道2時間を「ちょっとそこまで」というのがザラです。

 

都会生まれ都会育ちの人がこのレベルの田舎に1週間滞在するだけでも発狂すると思います笑

 

 

快適さ100点、便利さ0点とすると、間の豊かさはやっぱり50点ですね。

 

ただ、もうちょっとだけ田舎の良さを伝えるとしたらそれは

 

暖かい地域性

 

があります。

 

名前も知らない赤の他人とも気軽に挨拶や世間話ができてしまうほどに田舎はみんなフレンドリーです。

 

東京でそんなことをしようものなら下手をしたら事案になりますよね笑

 

性別も年齢も関係なくみんなが友達のように接してくれるのは田舎ならではの一番の良さなのではないでしょうか。

 

しかし、その深い地域性ゆえに閉鎖的な社会が構築されている傾向があるのは否めません。

 

いわゆる「よそ者嫌い」ってやつです。

 

昔に比べたら今はかなりマイルドになってきているとは思いますが、やっぱり多少のよそ者嫌いはまだ残っている地域も多いので旅行とかでド田舎を訪れる際はしっかりと人にあいさつをすることをオススメします笑

 

 

【まとめ】

f:id:kamazukakyou2:20170719155605j:plain

 

そろそろまとめましょう。

 

無理矢理都会と田舎に点数をつけましたが、何を良いと感じて何を悪いと感じるかは人それぞれだと思います(本末転倒)

 

便利さを優先するか、快適さを優先するか、はたまた豊かさを優先するか

 

それによって自分がどのような場所で暮らすのが一番幸せなのかが変わってきます。

 

ただ、仕事の都合などで住む場所を自分で決めることができない人がほとんどだと思うので、こんなことを真剣に考えるのはほぼ無意味に近いこと。

 

でもこれはみんなが一度は真剣に考えてほしい。

 

これは私自身にも言えることなのですが、住む場所はよく考えた方が良いです。

 

よく考えもしないまま就職すると住む地域を強制的に制限されます。これって冷静に考えたらありえないんじゃないかって思うんです。

 

転勤や出向で強制的に引っ越しを余儀なくされて家族とも離れ離れになる可能性もあるとか私は絶対に嫌です。

 

それは仕方ないことだと思う人がほとんどだと思いますが、仕方ないの一言で済ませてしまう人はもう少し自分を大事にした方が良いと思います。

 

大袈裟な表現になってしまいますが、住む場所って人生を大きく左右する要素の一つだと思うので一度真剣に考える時間を作ってみて下さい。

 

自己啓発みたいなオチになってしまいましたが、時にはこういうことを考えるのも大事なことだと思いますよ!

 

では今日はこの辺で。

 

(^^)ノシ