Dive to World

便利さと快適さと豊かさについて考えるブログ

実写映画『銀魂』観てきたけど「上映中止になる前に観とけ」は大袈裟じゃなかった

f:id:kamazukakyou2:20170721163141p:plain

【引用】映画『銀魂』公式サイト (http://wwws.warnerbros.co.jp/gintama-film/news/index.html)

 

どうもこんにちは!きょーちゅんです。

 

さっそく観てきましたよ。

 

劇場版『銀魂』。

 

ずっと前から観たいなーとは思ってて、でも多分観に行かないだろうなーとも思ってたんですけど、 友人からのお誘いがあって、昨日朝一の上映で観に行ってきました笑

 

感想とか書いていこうかなと思うんですけど、極力ネタバレはしないように配慮致しますので安心して読んでいただければと思います。

 

ただ、途中からネタバレアリの感想にシフトする予定なので、そこで分かりやすく線引きします。

 

ネタバレを読みたくない人は途中でブラウザバックしてくだせえ。

 

それではいってみよう!

 

 

まずね、感想を一言でまとめると、

 

いいのかコレ?笑

 

いろんなアニメや映画のパロディネタが作中のいたるところに散りばめられているんですけど、終盤に一瞬だけ明らかにアウトなシーンが出てきます笑

 

爆笑するか背筋が凍りつくかはアナタ次第だと思います!その問題のシーンがどんなシーンなのか知りたい人は是非映画館へ足を運んでみて下さいませ笑

 

銀魂の原作者である空知先生は他者作品のパロディネタを漫画でも豊富に取り込んでおり風刺的なギャグをブチかますことで有名ですが、空知先生ならではの独特な世界観が実写映画でもちゃんと再現されていましたね。

 

空知先生本人が満足できるかどうかは分かりませんけど。

 

さて、次に内容なんですけど「紅桜編」がメインになっています。原作を読んだ人は今回の映画の公式プロモーション映像を見れば「あ、紅桜編だな」ってわかると思います。

 

www.youtube.com

私自身原作の中では紅桜編が一番好きで、昔何度も読み返した記憶があります。

単行本で言うと11~12巻ですね。

 

今回の映画は上映時間が140分と長めの作品になっているのですが、2時間20分でどこまで紅桜編を再現できるのか正直不安に思っていましたが、あれだけ豊富なギャグ要素を盛り込みつつ話を上手につなげたのは本当に感無量です。

 

監督は勇者ヨシヒコシリーズでお馴染みの福田雄一さん

 

空知先生と福田監督のお互いの良さが上手くマッチングした感じでひとつの作品として大いに楽しむことができました。

 

www.youtube.com

 

結論!

 

実写映画『銀魂

 

個人的に非常に楽しむことができた作品でした。

 

草不可避ってこういうことなんだなって思いました笑

 

中盤笑いをこらえきることができなくてハンカチで口を覆っていたんですけど、明らかに声漏れていたと思います。

 

そしてヤバいシーンが豊富です。

 

上映中止になる前に観たほうがいい」って言っていた人もいましたが、まさにその通りだなと笑

 

さすがに中止になることはないと思いますが、少なくとも地上波での放送はおそらくありえないと思います。

 

それぐらい問題のシーンが多い。

 

【原作】

空知英秋

 

【監督】

福田 雄一

 

【キャスト】

小栗旬

菅田将輝

橋本環奈

長澤まさみ

岡田将生

ムロツヨシ

柳楽優弥

吉沢 亮

中村勘九郎

堂本剛

新井浩文

佐藤二朗

菜々緒

安田 顕

早見あかり

山田孝之

 

豪華すぎるwww

 

きっと楽しめると思います。

 

是非一度ご覧あれ!!!

 

 

ちなみに、実写映画ももちろん面白かったのですが、

 

やっぱり私はアニメが一番好きです。

 

何より声優さんがキャラクターとマッチしすぎだし、テンポも非常に良くて永遠に笑い続けれます笑

 

 

マンガはセリフがめっちゃ長いコマが多いので、読んでいて結構疲れるんですよね・・・

 

その点、アニメは流してるだけで話が分かるし、暇つぶしには究極的なアニメだと思います。

 

 

blu-ray BOX買おうかなーーーー。

 

これ1本あったら休日とか何もしたくない時にダラダラ観ながら爆笑できるし、本当に買おうか悩む!

 

それぐらいアニメはオススメですよ!

 

 

 

 

 

では^^

 

 

 

 

 

【閲覧注意】ここからネタバレあり↓↓↓

 

 

さて、ここまで残ってくれてありがとう。

 

ここから盛大にネタバレを書いていこうと思う!!笑

 

観た人ならわかると思うけど、いろいろヤバくね?

 

ストーリーはさておき、劇中所々に入っているネタがアウトすぎるというね笑

 

まず近藤勲役の中村勘九郎さん、

 

体張り過ぎ問題

 

木刀の素振りのシーン、全裸でしたよね。

 

そしてガッツリ映ってましたね。

 

モザイクしょぼすぎて輪郭まるわかり笑

 

近藤勲の勲がボロンボロン揺れてました笑

 

これだけでも地上波放送は無理ですね。大幅カット間違いなし!

 

 

次にシャアさん。

 

バカにしすぎ問題

 

銀ちゃんが妖刀紅桜に対抗すべくカラクリ師の平賀源外のもとを訪れるシーン。

 

学芸会のコスプレレベルのクオリティのシャアさんが登場します。中身はオッサン。

ちょっとしたセリフを吐いたのち、「おしっこしたい」といって通常の1.0倍のスピードでお手洗いに向かうシーン。

 

バカにしすぎだろwwww

 

こころなしか銀ちゃん(小栗旬さん)も笑いをこらえながら演技をしていたように見えました笑

 

 

そして極めつけは

 

風の谷のナ〇シカ

 

これは完全にアウトwwww

 

ナ〇シカ役の女性も誰か分からなかったし、方の上のキツネ〇スのテ〇がなんか意味不明のぬいぐるみで息してない笑

 

銀ちゃんの「ありがとう!ナ(ピーー)カ!」は思わず吹き出しました。

 

ぶっちゃけ原作の紅桜編とは似て非なる全くの別物であるにも関わらず、ネタシーンを上手いこと活用して話をつなげる工夫は本当にスゴイと思いました。

 

まさかはるか上空にある高杉の戦艦までナ〇シカのあの乗り物で行くとはwww

 

ジブリをパロディネタに起用したのって多分映画史上初めてなんじゃないかな

 

福田監督消されるんじゃね?

 

 

そして肝心な内容なんですけど、ストーリーの構成的には特に違和感がある感じはありませんでした。

 

セリフも結構原作に忠実でよく再現できているなと。

 

ただ、お色気シーンが一切なかったのは正直ちょっと残念ですね笑

 

しいて言うなら高杉が銀ちゃんにバックドロップでKOされたシーンで着物がはだけたシーンぐらいですかね。

 

お色気シーンが神楽でもお妙さんでもまた子でもテツ子なく高杉ってwww

 

それも斜め上な感じがして嫌いじゃないですけどね笑

 

 

感想はこんな感じですかね。

 

一回観れば相当おなかいっぱいになるんで、もうリピートすることはないかな笑

 

でも、一回は観る価値があると思います。

 

作品全体を通じて爆笑できるか苦痛と感じるかは観る側の感性次第です。

 

思いっきり笑ってやろうという思いでこの作品を観れば間違いなく笑えると思うので、ここまで読んでくれた人の中でまだ観てない人は是非映画館まで足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

今日はこの辺で。

 

では^^