Dive to World

便利さと快適さと豊かさについて考えるブログ

YouTuberヒカルの新事業について考えてみた

f:id:kamazukakyou2:20170724163644j:plain

 

どうもこんにちは!きょーちゅんです。

 

いきなりですがみなさん、

 

ヒカルというYouTuberをご存じでしょうか。

 

彼の動画は1回の企画で通常では考えられないぐらいの大金をつぎ込むのが特徴で、毎回毎回「大人の無駄遣い」を彷彿とさせるような企画で今若者たちの間で非常に人気なチャンネルです。

 

特にもっとも話題になったのは今年2017年の4月3日に配信された「当たりはなかった?祭りくじで悪事を働く一部始終をban覚悟で完全公開します」というタイトルの動画。

 

www.youtube.com

 

この動画がテレビで報道されるぐらい話題になりましたね。

 

企画そのものもぶっ飛んでいますが企画の為の軍資金の額もぶっ飛んでます。

 

彼の企画は良い意味でテレビ的で、今までありそうでなかった企画を多く取り扱っているというのが人気の理由の一つともいえるでしょう。

 

ヒカルさんのチャンネルでは514本の動画を公開していますが(2017年7月24日現在)、これらの動画のほとんどで相当なお金が動いています。

 

彼の収入は本人による発表によると3~5億円だとか。ただ、これは費用を差っ引いた上で得た純利益なのか単純に売り上げなのかは分かりません。まあどっちにしても彼の企画によって莫大なお金が動いているのは間違いありませんね。

 

そんな異端児YouTuber「ヒカル」。

 

公式発表でもありましたが、どうやら大きな事業計画を目論んでいるようです。

 

それがコチラ↓↓↓

 

www.youtube.com

 

簡単に要約すると、

 

有能な高卒者を大手企業や有名企業とマッチングさせる仕組みを作ろうとしているということです。

 

いろいろとツッコミどころがありますが、トータル的には私はアリだと思っています。

 

とても収益化につながるサービスとは思えないけど、あれば役に立つサービスであることは間違いない。

 

まあ、ヒカルさんには若干黒い過去があって、YouTubeをメイン媒体にし始める以前は「金髪起業家」というコピーで情報商材アフィリを行っていたという経歴があります。ヒカルさんの過去をよく知っている人たちの間では詐欺師だなんて言われているので、そこが少し怖いところかなと思います。

 

ヒカルさんのこの事業の根本的な目的が最終的に金銭を巻き上げる為のツールに仕上げていくことなのか、ただ純粋に本当に未来の高卒低所得者予備軍の救済措置としての機能を全うするようなツールに仕上げていくかは正直私にも分かりません。

 

そもそも私にはこのサービスからどうやって収益化を図るのか見当もつきませんし笑

 

そんなことは私が深く考えても仕方ないんで、事業内容そのものについてちょっと考えていきましょうか。

 

最初に「いろいろとツッコミどころがある」と言いましたが、それをザット挙げていこうと思います。

 

ツッコミ① 有能高校生をどうやって選別するのか

まずはこれです。この仕組みがしっかり確立されていないとこの事業って成り立ちませんよね。

 

ヒカルさんの計画によると、全国から募集をかけてその中から300人を選抜するそうです。

 

今回のこの企画はYouTuber専用の所属事務所VAZ(バズ)との合同企画で、ヒカルさん個人による企画ではないのですが、VAZも大きな会社ではないので何千何万という応募の中から300人を選定するだけでも相当な労力が必要になるのではないかと思うんですけど、その点はどのように考えているんでしょうね。

 

また、何を持って有能・優秀なのかは採用する企業側が設ける基準であると思うので、そこもVAZとのズレが大きくなると企画そものもが破綻してしまうのではないかと思います。

 

ツッコミ② そもそも有能な高校生は大学や専門学校に進学するのでは?

何をもって有能とするかは個人の主観によって大きく異なるので一概には言えませんが、いわゆる「有能」というのは自分の将来を見据えて今どんな行動をすべきなのかを的確に判断できる人なのではないかと個人的には思います。

 

高校生の時点で将来のことを真剣に考えている人は少ないと思いますが、だからこそ考える猶予の時間を確保することと様々な人に出会う環境を確保することを目的に大学に進学することを選択する高校生が多いと思うんです。

 

それすら考えることができない人の中に果たして有能と言える人は存在するのか?っていう話です。

 

今回のこの企画は高校新卒者限定の企画であり、それ以外の人の受け付けは行っていないので、応募要件を満たす人は現役の高校生だけです。

 

まあ家庭の事情とかもあると思うし、自分の志す道を経済的理由や家庭的理由で断念せざるを得ない人も中にはいると思いますが、それはごくごく一部の人間でしょう。

 

その他の人間はヒカルさんの新事業発表動画に感化されて夢や幻想を抱いてしまった人ばかりなのではないでしょうか。

 

ヒカルさんの動画を観ていると、なんだか高校生のやる気を煽るような文句を所々で散りばめており、動画を観ているだけで「自分もその気になれば有能な人材になれるのではないか」「こんな自分でもヒカルさんのこの企画で人生変わるんじゃないか」なんて錯覚してしまうのも頷けます。

 

他力本願で成功をつかもうとしている時点でとても有能とは言えないし、そうでない人はしっかり現実を見てできることからコツコツ始めている人です。高校生であればそれは勉強であることがほとんどですね。それがいわゆる「有能」なんじゃないかと私個人的には思います。

 

 

 

以上の2つが私が抱いたツッコミどころです。

 

正直この企画が成功するか否かは私にも分かりませんし、おそらくヒカルさんやVAZですら半ば手さぐりの状態で進めているのではないかと思います。

 

ただ、最初に言ったようにこの企画はあれば役に立つサービスになる可能性を秘めていると思いますし、発想こそ前々からあるものの実際に遂行している人は非常に少ないのでそれを率先して行うという行動力に関しては素直に尊敬します。

 

私の話になりますが、2015年10月からある事業の計画を進めており、その内容が今回のヒカルさんの事業の内容と類似している部分が多いんです。

 

サービスそのものの仕組みやターゲットは全く異なりますが、似たような事業をヒカルさんが先駆けてく移行していっているということで、私個人的には目が離せません。

 

今後の展開に注目したいですね。

 

そして、万が一この企画がコケたとしてもそれも良い判断材料になると思うので一刻も早く事の進展があることを期待します。

 

ただ、コケるだけならまだしも何かしらの不祥事が起きてしまったらこっちとしても大打撃になりかねないのでそれだけは避けてほしいというのが本音ですが笑

 

ヒカルさんとVAZの本事業の専用サイト「バズキャリア」も完成しておりすでに公開されています。

 

興味のある人は一度サイトを覗いてみて下さいませ。

 

では^^

 

vazcareer.com