Dive to World

便利さと快適さと豊かさについて考えるブログ

「新しい文章力の教室」ナタリー式トレーニングで日本語力を鍛えよう

f:id:kamazukakyou2:20170730165117j:plain

 

どうもこんにちは!きょーちゅんです。

 

最近一冊の本を買ってゆっくり読んでたんですけど、その本が結構よかったのでここで紹介したいと思います。

 

タイトルは

 

新しい文章力の教室

 

 

新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング (できるビジネス)
 

 

 

著者は唐木元さんで、コミックナタリーの初代編集長を務めていた人です。

 

 

内容は文章の書き方に特化したものになっていて、完読してもらうのを目標に様々なライティングのテクニックが盛り込まれています。

 

文章の構成を分析すること、書き始める前にテーマと骨組みをイメージすること、その他様々な文法知識やライティングならではの言葉の言い回しなど、こと細やかで丁寧に解説されています。

 

この本を読了して初めての記事がこの記事なわけですが、特に目立った変化はないと思います笑

 

当然本を読んだだけではテクニックは身につかないので、これから毎日トレーニングをかねてブログを更新していきたいと思っています。

 

 

皆さんもメールや報告書、企画書など、仕事で文章を書くこともあるかと思いますが、しっかりと読み手のことを意識した文章に仕上げられていますか?

 

文章は人と人とのコミュニケーションの一つなので、どれだけ内容がしっかりした文でも読みにくかったら誰だって読みたくありませんよね。

 

人が読む文章を書くなら、必要最低限の工夫と気配り、テクニックを身に付けなければなりません。

 

この一冊には読み手のことを第一に考えた文章術がぎっしり詰まっています。

 

またこの本は文章術だけにとどまらず、普段の会話におけるテクニックとしても応用できる内容がたくさん散りばめられているので、文章を書く機会があまりない人も「もう一段上の日本語力」という名目で一度読んでみるといいでしょう。

 

日本語って本当に難しいし、上手く使いこなせない大人もたくさんいます。

 

でもそれってやっぱりちょっと恥ずかしいですよね。

 

自分の感情や思考を適切な言葉に変換してアウトプットする。コミュニケーションの基本だと思います。

 

 

・仕事などで文章を書く機会が多いけどなかなか上手に文章が書けない

 

・口下手でなかなか自分の思いが人に伝わらない

 

・日本語力の乏しさが原因で恥ずかしい思いをしたことがある

 

 

そんな人にはうってつけの一冊です。

 

もし自分の日本語力に自信が無かったり、今よりもさらに上の文章力を身に付けたいと思う人は是非一度手に取ってみて下さい。

 

では^^

 

 

新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング (できるビジネス)