Dive to World

便利さと快適さと豊かさについて考えるブログ

「君の名は。」&「聲の形」 それぞれの良さを書いていきます

f:id:kamazukakyou2:20170730210006p:plain

 

どうもこんにちは!きょーちゅんです。

 

ちょっと過去の話になるんですけど、2016年夏。

 

8月26日に映画「君の名は。」の上映が開始され大ヒットしましたよね。

 

中には今年3月ごろまで上映していた映画館もあったそうで、上映期間の長さからも

その人気っぷりが分かります。

 

興行収入も歴代映画ランキングで見事4位にランクイン。250.3億という大記録を打ち出しました。

 

またDVD・Blu‐rayディスクが今月26日に発売されたということもあり、再び人気に火がつく勢いです。

 

 

そんな社会現象にもなったアニメ映画「君の名は。」。

 

その上映中にもう1本のアニメ映画が上映されていたのをご存じでしょうか。

 

 

その映画のタイトルは「聲の形」。

 

ちょっと難しい漢字があてられていますが、読み方は「こえのかたち」です。

 

上映が開始された日は君の名は。が上映開始されてから約3週間後の2016年9月17日。

 

当時 君の名は。が話題すぎてあまりメディア露出する機会がなかった訳ですが、その内容は君の名は。に引けを取らないぐらいすばらしいものだったと個人的には思っています。

 

 

君の名は。は観に行ったけど聲の形は観に行っていないという人も多いと思うので、今回は両者の良さを挙げつつ、聲の形をもっと多くの人に観てもらうべく熱いプレゼンをしていきたいと思います。

 

まずは2つの映画を簡単に紹介していきましょう。

 

 

君の名は。

f:id:kamazukakyou2:20170730214331j:plain

出典:【聖地巡礼】『君の名は。』の舞台になった場所まとめ 

https://matome.naver.jp/odai/2147236145900542001

 

新海誠監督による長編アニメ映画です。

 

 あらすじはコチラ↓

千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本。田舎町に暮らす女子高校生・三葉は憂鬱な毎日を過ごしていた。ある日、自分が男の子になる夢を見る。見覚えのない部屋、見知らぬ友人、目の前に広がるのは東京の街並み。都会での生活を満喫する三葉。一方、東京で暮らす男子高校生・瀧も奇妙な夢を見た。行ったこともない山奥の町で、自分が女子高校生になっているのだ。繰り返される不思議な夢、明らかに抜け落ちている記憶と時間。二人はお互いが入れ替わっていることに気付く。何度も入れ替わる事に戸惑いながらも、現実を少しずつ受け止める二人。残されたお互いのメモを通して、状況を乗り切っていく。しかし、気持ちが打ち解けてきた矢先、突然入れ替わりが途切れてしまう。自分たちが特別に繋がっていたことに気付いた瀧は、三葉に会いに行こうと決心。辿り着いた先には、意外な真実が待ち受けていた…。

 引用:amazon prime 「君の名は。」

 

www.youtube.com

 

上の予告ムービーを見ていただければ分かるのですが、新海監督が手掛ける作品の一番の魅力は実写のように美しい映像です。

 

もちろんストーリーも素晴らしいんですけど、その映像の美しさを観るだけでも映画館に足を運ぶ価値がありますね。

 

まだ観たことがない人の為にこれ以上内容についてお話するのは避けますが、あれだけ話題になった超大作ですし一度は観るべき映画だと思います。

 

DVD・Blu-rayディスク共に好評販売中ですので、是非チェックしてみて下さい。

 

 

 

聲の形

f:id:kamazukakyou2:20170730222334j:plain

出典:animate onlineshop 「聲の形」

 

監督は「けいおん!」でお馴染みの山田尚子さん。

 

京都アニメーションによる制作。興行収入は22億円を突破するというアニメ映画の中では大ヒットの部類に入ると言えるでしょう。

 

原作は週刊少年マガジンで連載されていた漫画「聲の形」で、2015年版『このマンガがすごい!』オトコ編で第1位、『マンガ大賞2015』で第3位、第19回手塚治虫文化賞新生賞といった賞をもらっています。

 

あらすじはコチラ↓

ガキ大将だった小学6年生の石田将也は、転校生の少女、西宮硝子へ無邪気な好奇心を持つ。自分の想いを伝えられないふたりはすれ違い、分かり合えないまま、ある日硝子は転校してしまう。やがて五年の時を経て、別々の場所で高校生へと成長したふたり。あの日以来、伝えたい想いを内に抱えていた将也は硝子のもとを訪れる。再会したふたりは、今まで距離を置いていた同級生たちに会いに行く。止まっていた時間が少しずつ動きだし、ふたりの世界は変わっていったように見えたが――。

 引用:amazon 「聲の形

 

www.youtube.com

 

若者ならではの不安や友情、愛情、やるせなさ、鬱など様々な心情の変化が非常にうまく表現されており、心にズキズキと突き刺さるような感覚になります。

 

そして作画も然ることながらクオリティが高いです。京都アニメーションの作品は風景に非常にこだわっている傾向があり、現実世界をより忠実に再現しています。

 

内容は結構シリアスです。ここでは詳しくお話できませんが。

 

安直な表現で申し訳ないが、人をことを大事にする気持ちがより一層強くなるような作品です。

 

マンガ・DVD・blu-rayディスク共に好評販売中です。是非一度ご覧ください。

 

 

 

 

 

 【結論】どちらも素晴らしい

 

実際どっちも良い作品なのは間違いないです。きっと皆さんも気に入ると思います。

 

 

そしてここからは個人的な好みの話になってしまうんですけど、

 

むりやり甲乙を付けるならば私は「聲の形」に一票入れます。

 

取り扱っているテーマが少しデリケートなので話もリアルになるのは至極当たり前なことなんですけど、私こういう話に本当に弱いんです。

 

公開当時は君の名は。インパクトと話題性がすさまじかったという背景があり、相対的に聲の形が世間にあまり知られることがなかったというのは非常に残念です。

 

今年の夏公開だったらもっと話題になっていたはず・・・!

 

メディアの影響力って本当にすごいんですね。興行収入に10倍も差が出るなんて。

 

なんかゴリ押しっぽくなってしまいましたが、聲の形は本当に観る価値があると思います。

 

是非一度チェックしてみて下さいませ!

 

では^^