Dive to World

便利さと快適さと豊かさについて考えるブログ

「情けは人の為ならず」の正しい意味と使い方、みんな知ってる?

f:id:kamazukakyou2:20171015133934p:plain

 

 

どうもこんにちは!きょーちゅんです。

 

 

「情けは人の為ならず」

 

という有名なとこわざ。

アナタも一度は聞いたことがあるのでは?

 

 

私が小学生の頃、担任の先生(若い女性)がよく使ってたんですよ。このことわざ。

 

当時はよく意味も分かってないのに、やたら聞く言葉で、どういう意味なのか気になったんです。(えるたそ〜?)

 

普段は学校の図書室に行くことなんて滅多になかった私ですが、珍しく図書室に置いてあることわざ辞典で「情けは人の為ならず」の意味を調べてみたんです。

 

 

「へぇ〜こんな意味なんだへぇ〜」

 

その時は特に何の違和感もなく、その場を後にしました。

 

 

それから数日後、また先生が例のことわざをドヤ顔で使っているのを聞いたとき、

 

「あれ?なんか違和感...」

 

 

 

うろ覚えだけど、先生は確か

 

「宿題を友達に見せるのはやめましょうね。『情けは人の為ならず』ですよ。」

 

みたいなニュアンスのことを言っていた。

 

 

そのときに私が感じた違和感の理由は、すぐに分かった。

 

 

何故なら、ことわざ辞典には、

 

"人に情けをかけておくと、巡り巡って自分のためになる"

 

と書かれてあったからだ。

 

 

 先生がいつも使っていた「情けは人の為ならず」ということわざは、誤用だったのだ!

 

 

先生は「情けは人の為ならず」を

 

”人に情けをかけて優しくすることは、その人の為にならない”

 

と解釈していたわけです。

 

このように解釈している人って意外に多いんじゃない?

 

 

ちょっと調べてみたんですけど、

 

「情けは人の為ならず」ってどんな意味だと思いますか?的なアンケート調査によると、

 

 

”人に情けをかけておくと、巡り巡って自分のためになる”

⇒ 52%

 

”人に情けをかけて優しくするのは、その人の為にならない”

⇒ 48%

 

という結果になったらしいです。

 

ほぼ半々。もはやどっちも正しいのでは?と思えてくる。

 

 

でも、私はこの4%の差を大事にしたいと思う。

 

まだ本来の意味の方が勝ってる!

 

ここから巻き返しをはかっていこうじゃないか。

 

 

 

A「お前さ~、いつもアイツに宿題見せてね?」

 

B「いいんだよ別に減るもんじゃねぇし」

 

A「ちょっと優しすぎない?もしかしたらお前損する性格かもよ」

 

B「そんなことねーよ。”情けは人の為ならず”っていうだろ?人に優しくするのは自分の為なんだよ」

 

A「うわ性格ワル!www」

 

B「うるせーwww」

 

 

はい。これが”情けは人の為ならず”の正しい使い方です。

 

アナタも今日から”情けは人の為ならず”マスターだ!

 

 

え?なんで私がみんなの為にこんなことを教えるかって?

 

 

”情けは人の為ならず”だからだよ。

 

では^^