きょーちゅんの防音室

便利さと快適さと豊かさについて考えるブログ

苦手な人と上手く付き合っていくコツを教えたい!

f:id:kamazukakyou2:20171122234424p:plain

 

 

どうもこんにちは!きょーちゅんです。

 

 

誰にでも絶対に一人はいるであろう『苦手』な人。

 

 

赤の他人ならまだしも、そういう人が同じ職場や学校、またはそれに準ずるコミュニティにいると、苦手だと思いつつも関わっていかなければならない状況がよくある。

 

 

仕方ない事だと言ってしまえば話は終わってしまうが、やはりどう考えても苦手な人とのコミュニケーションは疲れるし不快になるし、精神衛生上よろしいとは言えないよね。

 

 

ということで今回は「あ、この人ちょっと苦手だな」って感じる人に対する接し方について、ちょっとしたコツとか心がまえを紹介していこうと思う!

 

 

ただ、誤解を招いてしまう前に一つ言っておきたいことが。

 

人にはそれぞれ独自の思考や価値観や言動が備わっているので、「こうすれば誰でも苦手な人と付き合っていけますよ!」みたいな絶対的な方法はありません!╭( ・ㅂ・)و  グッ

 

 

これから俺が紹介する方法は、あくまでも1つの考え方であると認識していただき、参考程度にとどめておいてくださいな。

 

 

準備はOK?

 

レッツ!ゴー!

 

どんなところが苦手なのかを考えてみよう

 

まずは相手のどんなところが苦手なのかをしっかり分析する必要があると思うです。

 

  • 根本的な考え方が合わない
  • 価値観がズレている
  • 言い方が気に入らない
  • 過去に嫌な出来事があった
  • 生理的にムリ

 

などなど、挙げればキリがないけど、何かしらの要因があることは間違いないっぽい。

 

 

 

ここで一度、自分自身と向き合ってみて欲しいのだけど、

 

『なんとなく苦手な人』が多い人は要注意。

 

実際に害を受けていないにもかかわらず、心のどこかで相手のことを苦手だと意識してしまって、それが態度に出てしまっている人は、まず自分の性格を見直す必要があるということを理解してほしい。

 

ただ、俺は別にそういう性格が『悪い』と言っているわけではありません。

 

簡単に言うと、んですよ。そういう性格って。

 

 

『苦手だな』『合わないな』って思っている人でも、実際にちゃんと会話してみたら自分が思ってた以上にいい人だったり、馬が合ったりすることって本当によくあることなんですよ。

 

だから相手のことを第一印象で判断してしまうのは、本当に勿体ないことだと俺は思うわけです。

 

自分から話しかけに行くのが苦手だったり、思うように会話が続かなくて困っている人は、「コミュニケーション能力を上げたいなら「聴く力」を磨け!きょーちゅん直伝コミュ力向上術」を読んでみて下さい。コミュ力が爆上がりするから。

 

合わせて読んでおこう!▼

dive-to-world.hatenablog.com

 

 

 

話をもとに戻そう。

 

まずは『なぜ苦手なのか』をしっかりと理解すること。

 

 

苦手だと思う人のどこが苦手なのかが分かったら、ゴールはもうすぐそこだ!

 

先へ進もうぞ!

 

 

【対処方法編】苦手な人との付き合い方

 

まずは対処方法編から。

 

対処方法っていうのはアレです。明日からすぐに使える小手先テクみたいな感じのやつです。

 

それでは見ていこう!

 

① シカト(無視)

どう接すればいいか分かんなくなっちゃた時に使える必須テク。

 

最悪コレさえできれば大抵のウザイ人間は離れていきます笑

 

 

ただ、シカトってなんか幼稚っていうか、けっこう酷い行為っていうか、

 

ためらってしまう人も多いと思う。

 

 

じゃあ考え方を変えればいいじゃない。

 

ズバリ『聞こえないフリ』

 

アナタはシカトをしてるんじゃない、聞こえていないだけなのだ!

 

 

こう考えれば、ちょっとは抵抗がなくなると思う。

 

実際にマジで使えるテクニックだから、習得しておいて損はないよ!

 

俺もたまにやるしね!笑

 

② 最低限の会話しかしない

仕事などの都合上、どうしてもシカトができない場面に遭遇することもあるだろう。

 

そんな時は、必要最低限の会話しかしないことを意識してみよう!

 

  • はい
  • いいえ
  • そうですね
  • そうなんですね
  • わかりました
  • ありがとうございます

 

この5パターンだけでだいたいの会話は成立する!笑

 

どうやら人間は接する時間が長くなるほどその人に好意を抱く習性があるらしい。

 

だから苦手な人との会話は必要最低限にとどめておいて、変に好意を抱かれてしまわないように注意しよう。

 

 

ちなみに、苦手な人に対して必要以上に相槌(あいづち)を打ったり、オーバーなリアクションをするのもNGな!

 

これらも立派なコミュニケーションだし、やればやるほど好きになっちゃうから気をつけろ!笑

 

 ③ 共通の知り合いをつくらない

 

これ、意外に盲点だからみんな注意しようね。

 

今はSNSとかが普及してて、簡単に人とつながることができるようになっています。

 

非常に便利でうれしい反面、使い方次第では意図せずに苦手な人ともつながってしまう可能性があるから注意が必要だぞ!

 

自分と苦手な人が共存しているコミュ二ティの知り合いとSNSでつながる際は、友達一欄とかフォロワーとかのチェックを忘れずに。

 

俺はそういうのメンドイ派だからやらないけど、神経質な人は意識してみよう!

 

④ 陰口・悪口は最小限におさえる

いくら苦手な人がいたって、それを他人に言いふらす必要は皆無だと個人的には思います。

 

ましてや、陰口や悪口などのいわゆる『愚痴』という形で他人に話してしまうと、自分が気づかないところで話が伝染してしまい、人間関係が余計に拗(こじ)れてしまう可能性があります。

 

ある人を苦手だと思う気持ちは自分だけの感情なので、共感を得たいが為にむやみに人に言うのは辞めましょう。

 

どうしても話したい時は、『悩みごと』という形に変換して話すことをオススメするぞ!

 

そうすると、ただの『愚痴』が『相談』に変化して、相手も親身になって話を聞いてくれると思うし、何かしらのアドバイを貰えるかもしれません。

 

 

どうしても愚痴りたいときは、2chとかを利用しような笑

 

 

【マインド編】苦手な人との付き合い方

 

対処方法編で紹介したテクは、もうすでに実践している人も多いと思います。

 

ていうか無意識にやってるパターンが多いよね。だって苦手な人とは極力話したくないと思うのは当然のことだし、距離を置きたくなるものなのだから。

 

 

じゃあもうワンランク上の『苦手な人との付き合い方』を紹介していきましょうか。

 

苦手な人との付き合い方にランクとかあるのかよって感じですが、

 

普通にあるからね。

 

 

ここから先はテクニックとかそういう『その場しのぎ』的な方法ではなく、アナタの性格を根本から矯正(きょうせい)していく方法です。

 

 

さあ、 Dive to World の時間だぞ!

 

コラム : なぜ人は人を『苦手』だと思うのか

本題に入る前に、人を『苦手』と認識してしまうメカニズムの話をちょっとさせて?

 

 

さっきも言ったけど、人間っていう生き物はそれぞれ独自の思考や価値観、言動が備わっているんです。

 

ザックリいうと、人間は誰しもが独自の『正義』を持っているんです。

 

この正義が脅(おびや)かされたとき、または脅かされそうになったとき、

 

人は人を『苦手』の対象として認識するのです。

 

 

思い返してみ?心当たりなんていくらでもあるはずだ。

 

 

そして、自分の中の正義の定義が狭くなればなるほど、敵(苦手な人)が増えていくのは言うまでもないっしょ。

 

 

人の数だけ正義がある。

 

 

全ての正義に共感しろとは言わない。

 

でも、相手の中の正義を理解しようとする努力は必要だと思うぞよ。

 

そうすれば自ずと解決策は見えてくるのではなかろうか。

 

 

以上を踏まえて、本題に入っていこう!

 

① 天から目線で相手を見る

相手のことを『苦手だな』『合わないな』と思っている人の脳内では、相手より自分の方が格上だと思っていることがよくある。

 

つまり心のどこかで相手を見下すような感情が『苦手』という認識にすり替わっているのだ。

 

しかもそれはアナタだけではなくて相手もそう思ってるパターンがとても多い。まじ厄介すぎる。

 

 

お互いに『自分の方が格上だ!』と競っていては、いつまでたっても根本的な解決にはならない。

 

 

そこで重要になってくる考え方は、

 

『上から目線 』から『天から目線』にレベルアップするということだ。

 

もうめっちゃ上。上の上の上。

 

アウトオブ眼中。

 

 

天から目線を意識すると、相手の言動や態度は大抵許すことができる。

 

てかどうでもよくなる。

 

 

仏になった気分で相手を見てみ?好きとか嫌いとか全く感じなくなるから。

 

ちょっと悲しいマインドコントロールだけど、ときには非情(ひじょう)な考え方も必要なのだよ。

 

② 相手のいいところを探してみる 

あえて 苦手な人の『いいところ』を探してみよう。

 

いいところを見つけて、相手の苦手な部分にぶつけて相殺(そうさい)することができるようになったらベスト。

 

そのレベルまで行ったら立派な人格者だと思う。

 

 

俺は今これを目指してる真っ最中だ。

 

ちなみに、俺はこのテクニックを『プラマイゼロマインド』と呼んでいる(呼んでない)。

 

③ 自分自身の性格を見直す

 

ラストはこれ。

 

人にはそれぞれ独自の正義があるという話は何度もしてきたけど、

 

果たしてその正義は本当に貫(つらぬ)かなくてはいけないものなのだろうか?

 

 

ぶっちゃけた話、正義は正義でも『歪(ゆが)んだ正義』を持っている人も少なからずいる。

 

自分の中では正義でも、他の大多数の人間にとっては正義ではないということもあるのだ。

 

 

こればかりはどうしようもない部分もあるのだが、ほとんどのケースはたくさんの人と話をする(考え方や価値観をぶつけ合う)機会を増やすことで、自分の中の正義を洗練させることが可能である。

 

 

もともと自分の中の正義とは、今まで出会った人たちの影響を受けて構築されている。

 

つまり、正義とは個人の主観によって成り立つものであり、絶対的な正義などこの世に存在しないのだ。

 

この事実に気づくことができれば、ときには『あえて自分の正義を貫かない』という選択肢も生まれてくる。

 

 

そしてそうなった瞬間、相手に抱く『苦手意識』を自分でコントロールできるようになり、接し方も格段に上手くなっていく。

 

 

苦手な人に向き合ってみること、それは自分の性格を見直して成長するチャンスでもあるのだ。

 

どうかこのチャンスを無駄にしないでほしい。

 

 

十人十色という言葉の通り、自分の性格や価値観が他人とピッタリ合うことなんてありえない。

 

そのときに「あ、この人苦手だな」と思って距離をおくのか、「今まで出会ったことないタイプの人だな」と思って理解しようとする努力をするのかはアナタの自由だが、

 

俺なら間違いなく後者を選ぶ。

 

 

なぜなら、後者の人間の方が圧倒的に豊かな人生を歩めると思うから。

 

相手に寄り添ってみて、「やっぱりこの人苦手だな」と思ったら、距離を置くのはその後でも遅くない。

 

人生は一期一会。出会いはできるだけ大切にしたいよね。

 

 

まとめ : 最後にコレだけは言わせて!

f:id:kamazukakyou2:20171122234424p:plain

 

苦手な人と上手く付き合っていくコツとか心構え的なことを紹介してきましたが、いかがだっただろうか。

 

さんざんエラそうなことを言っておいてアレなんだけど、最後にこれだけは言わせてくれ!

 

無理はしないでね!笑

 

やっぱり苦手な人と付き合ていくのって大変だし、メンタル的にもけっこうキツイ。

 

 

どうか無理はせずに、自分のペースに合わせて少しずつ成長していていって下さい。

 

俺も頑張るから!笑

 

 

ここで書いてきた話はもちろん読んでくれている人たちの為に書いているんだけど、ぜんぶ俺自身にも言い聞かせています。

 

成長していこうぞ!共に!

 

では^^